ティモ(TiMO) シミ

ティモ(TiMO)はシミしっかりと効果を発揮してくれます!

ティモ(TiMO)はシミにも効果あり?

オールインワンゲルのティモ(TiMO)は女子会バラエティー番組のTiARY TVから生まれたスキンケアアイテム。

 

20代〜30代のお肌の悩み全般に効果があるといいますが、シミにも使えるアイテムなのでしょうか?

 

ティモ(TiMO)がシミにも効果のあるゲルなのか、ティモ(TiMO)の成分や特徴から見ていきたいと思います。

 

オールインワンをシミ対策に使うポイントは?

紫外線などのストレスからお肌が過剰にメラニン色素を作り出し、そのメラニン色素が排出しきれず肌に残ってしまうとシミとなって肌表面に現れてしまいます。

 

お肌がしっかりと潤いお肌のバリア機能がうまく働いていると紫外線を浴びてもダメージを最小限にとどめることができます。

 

反対にお肌が乾燥しバリア機能が弱まっているとダメージが大きく、また新陳代謝もうまく行われないのでシミのできやすい肌になってしまいます。

 

シミはできてしまうと薄くするのも大変ですよね。

 

できてしまったシミをそれ以上濃くしないためにも、新しくシミを作らないためにも、まずはしっかりと保湿をしお肌のバリア機能と新陳代謝を整えていくことが大切です。

 

できてしまったシミには美白効果のある成分が含まれたゲルで対応しますが、すぐに消えるわけではないので毎日根気よくケアすることが必要になります。

 

シミ対策にオールインワンゲルを選ぶときは、しっかりと保湿することができるのか、美白効果のある成分は含まれているのかということをポイントに選ぶ必要があります。

ティモ(TiMO)はシミにはどうなの?

さて、これ1つで肌のトータルケアができるというティモ(TiMO)はシミにはどうなのでしょうか?

 

うるおい保湿、抗炎症、肌荒れ防止、エイジングケア、毛穴ケア、キメ、肌健康、整肌とすべてに対応しているとありますが、シミという言葉は使われていないのでシミにも効果があるのか分かりにくいですよね。

 

シミに効果的な成分としてよく知られているのはトラネキサム酸やアルブチンですが、そういった成分はティモ(TiMO)には使用されていません。

 

ティモ(TiMO)に使われている美白成分はビタミンC誘導体、アルファメライトです。

 

ビタミンC誘導体はメラニン色素を還元する働きで美白効果や抗酸化作用のアンチエイジング、コラーゲン生成促進などが期待できます。

 

アルファメライトはカモミール精油に含まれる成分でメラニンの生成を抑制する効果やコラーゲンの修復、保湿作用や炎症効果もあります。

 

また、プラセンタはスキンケアには欠かせませんが、美白有効成分としても選ばれることもありますね。

 

これらがティモ(TiMO)に含まれている美白効果の期待できる主な成分ですね。

 

ティモ(TiMO)にはこの他にも、肌の新陳代謝や修復機能を上げるお肌に良い成分がたっぷりと配合されくすみのない透明感のある肌を作り上げてくれるので、その点でもシミを目立たなくしてくれることが期待できるのではないでしょうか。

まとめ

ティモ(TiMO)は主に20代〜30代をターゲットとした商品で年齢を重ねるごとにダメージを受けてできてしまったシミにはあまりフォーカスしていないように思えます。

 

ですが、シミの予防や改善にはまずお肌の潤いを保ち、お肌の環境を整えてあげることが大切です。

 

その点ではティモ(TiMO)の保湿効果やエイジングケア効果はシミ対策にも使えますね。

 

できてしまったシミを薄くするにはティモ(TiMO)と合わせてシミ用のスキンケア商品を気になる部分にピンポイントで使用するのが効果的だと思いますが、シミ予防ならティモ(TiMO)1つで十分対策できるでしょう。

 

>>ティモ(TiMO)の最安値はこちら